お墓に入っても、いつかは忘れられる…

お墓に入っても、いつかは忘れられる…

お墓に入っても、いつかは忘れられる…

春や夏にお墓参りに行きますよね。
先日、主人の実家のお墓参りに行きました。
数年前に新しくしたばかりのお墓は
とてもきれいでした。
墓石の横には数名だけ名前が刻まれています。
そしてお墓の横には古い墓石が整然と並んでいました。
古い墓石はずっと昔のご先祖様のもので、今は新しいお墓が一族のお墓になるんだよとお姑さんは言いました。
こけが生えて、暗く沈んだ色の墓石と新しいツヤツヤした墓石を比べて眺めている内に、いつか私にもやってくる未来を考えました。
いつか死んで、主人と一緒のお墓に眠り、次第に忘れられて、一緒くたに片付けられてしまう未来です。
それを考えると、やっぱり生きているうちに人生を楽しまないとダメだなと改めて感じました。


ホーム RSS購読 サイトマップ